ハルカのつれづれ日記

日々のちょっとした出来事、興味をもったことなど、気ままに綴る日記です

バチカン奇跡調査官 人物ファイル(第3巻登場人物)

バチカン奇跡調査官シリーズの登場人物についてまとめてみようと思います。少しずつ書き足しながら更新していく予定です。(ネタバレ要素がありますので、未読了の方はご注意ください)

今回は第3巻:「闇の黄金」の登場人物

イタリア・トスカーナ地方のセント・エリギウス教会で起きた奇跡の再調査に赴いた平賀・ロベルトの二人は、FBIのサスキンス捜査官らとともに、ガルドゥネの巨大な闇の片鱗にふれることに。

 

 

【トロネス・アントーニオ・ベインマンビ司祭】

セント・エリギウス教会の司祭。今回の奇跡申請にはなぜか消極的。教会でアルビノの少年が殺害された夜に失踪し、後日凍死体となって、遠方の町の牛舎で発見される。

32年前の首切り道化師の事件の関係者でもある。30年前に私財を寄付して聖職者となる。

 

アブラハム神父、ヨブ神父、エヘミア神父】

セント・エリギウス教会の神父。

 

【ジュワニ・ヴァヒー捜査官】

イタリアの捜査官。

 

【カルロ・ゼッティ】

32年前、ビデオ撮影のため森に入り首切り道化師に殺害された若者。

 

【テレーゼ

32年前、森に入った4人組の一人でカルロの恋人。後にアントーニオと婚約したが落雷により死亡している。

 

【ドメニカ

32年前、森に入った4人組の一人でアントーニオの恋人。もともと情緒不安定だったが、事件後精神を病み家にこもる生活を続けている。

  

【ロドリゲス

カルロの悪友でチンピラ。カルロの死後テレーザに付きまとっていたらしい。5年前に交通事故死している。

 

【フィオリータ・コードウェル

ロドリゲスの同棲相手。

 

【タワニーノ

アルビノの青年。

 

【カムリーノ

アルビノの少年。脱走しようとして教会内で殺害された。

 

 

 

 

 

 

 

 


電子書籍版: 

 

 


  

 過去記事:

 

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


 

  

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 




人気ブログランキング