ハルカのつれづれ日記

日々のちょっとした出来事、興味をもったことなど、気ままに綴る日記です

バチカン奇跡調査官 人物ファイル(第17巻登場人物)

 バチカン奇跡調査官シリーズの登場人物についてまとめてみようと思います。少しずつ書き足しながら更新していく予定です。(ネタバレ要素がありますので、未読了の方はご注意ください)

今回は第17巻:「ジェヴォーダンの鐘」の登場人物

ル=ガルー(狼男)などの伝説が残るジェ=ヴォーダンの地で起きた美しい奇跡。

是角内鐘が鳴り、青い鳥が賛美歌を歌い、聖母マリアの赦しの言葉を継げた時、全盲の少女の目が見えるようになるーーー

しかし本当の奇跡はまた別のところにあったのです。

 精霊として生きる青年の、少女を思う心情に胸を打たれる作品です。

 

 

【ピエール・オーリック神父】

聖マリー教会の神父。奇跡の現場に居合わせる。

 

【ジャン・リュック・ベルニエ司祭】

聖マリー教会の責任者。

 

【ユベール】

奇跡の動画を撮影した少年。

 

 【アラン・ビゼー

聖歌隊のリーダー。

 

【クリストフ・ギベール

奇跡の場面に居合わせた男性。

 

【シャルロット】

クリストフの母。教会に料理を差し入れてくれる。

 

【テレーズ・ジャダン】

聖歌隊のソプラノのリーダー。夫婦でビストロを経営している。

 

【フランク】

テレーズの夫。

 

【ファンターヌ・バザン】

奇跡により目が見えるようになった少女。三年前に失明する。森で大ガラスの魔物・バズブに襲われたのが原因といわれている。赤毛で菫青石色の大きな瞳を持つ。

  

【グラシアーヌ】

ファンターヌの母。

 

【バベット/イベール

 ファンターヌの姉。

 

【ブライアン・ダリュー】

バベットの同級生。バズブに襲われたと思われるファンターヌを背負って森から連れ帰る。

 

 【マティアス・ベルモン】

ブライアンの先輩。起こると手がつけられない乱暴者。山上に向かうファンターヌの後を追って行方不明になる。

 

【アニエス・ベネトー】

聖母の奇跡で思い神経痛が治った女性。死んだ家族が暮らす世界に迷い込むという不思議な体験をしている。

 

 【エディン・コラン】

光る妖精を見たという少年。

 

【コリーヌ】

エディンの母。彼女の叔父ドナルドも妖精を見たといい、証拠の写真も持っていた。

 

【ウィリアム・ボシェ】

パリから来た雑誌社の契約ライター。土地の伯爵家の取材に行くと言い残し行方不明になる。

 

【エマーヌ】

シュヴィニ伯爵家の執事。

 

アンドレ=ギュスターヴ・ド・シュヴィニ】

シュヴィニ伯爵家の当主。

 

 【ベトラーヴ(ベート)】

三角帽子を被ったフダンソウの精霊。全身緑色の葉で編んだような服を着、魔法の杖を持っている。森で道に迷ったファンターヌを助けたことで友達になる。ファンターヌを夢のような精霊の国へ連れて行ってくれる。

 

 【オーギュスト=エマニュエル/ジョセフィーヌ

アンドレ伯爵の両親。

 

【ヴァランタン】

アンドレの弟。養子だが家督を継いでいる。

 

【カルビィン警部/リシャール刑事】

国家警察の警察官。マティアスの行方不明事件の捜査に当たった。

 

【シブリアン】

アンドレ伯爵の飼っていた青い鳥。

 

 


 

 

アニメ同梱版

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 アニメDVD同梱版 [ 藤木 稟 ]
価格:3064円(税込、送料無料) (2020/3/16時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

電子書籍版: 

 


 

 

 

 過去記事:  

   alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 

バチカン奇跡調査官17 ジェヴォーダンの鐘

バチカン内の『聖徒の座』に所属する神父、平賀・ヨゼフ・庚とロベルト・ニコラスは奇跡調査官として世界中の奇跡の真偽を調査判別するために日夜取り組んでいる。

天才科学者の平賀は研究調査に没頭すると寝食を忘れて熱中してしまう上にかなりの天然であり、暗号や古文書解読のエキスパートであるロベルトは平賀のよき相棒として、時に平賀をやさしく見守る保護者的存在として、数々の怪現象に取り組み、鮮やかに解きほぐしていく。

バチカン奇跡調査官シリーズの第17作は『ジェヴォーダンの鐘』。

 

フランス、ジェヴォーダン地方。山の祠の礼拝堂への特別な礼拝で奇跡が起きる。

舌のない鐘が鳴り響き、青い鳥が歌を歌い人語を話す、そして礼拝に訪れていた全盲の少女・ファンターヌの目が見えるようになったというもの。

ル=ガルー(狼男)、バズブ(大ガラス)などの伝説が残る地で調査を始めた平賀とロベルトは、ファンターヌが密かに精霊と交流を持っていたことを知るのだった。

(以下、若干のネタバレがありますので、未読了の方はご注意ください。)

 

 

 フランス、ジェヴォーダン地方で発生した聖母マリアの奇跡。

 

なるはずのない鐘が鳴り響き、どこからともなく現れた青い鳥が賛美歌を歌い、聖母マリアの赦しの言葉を述べる。

そしてその瞬間、全盲の少女の目が見えるようになったのだった。

 

少女ファンターヌは3年前バズブという大ガラスの化け物に襲われていて、そのバズブに目を奪われたのではないかと噂されていた。そのとき、マティアスという青年も煙のように姿を消してしまっていた。

 

また、この地には精霊が出没するという噂もあった。

ベートと名乗る精霊に連れられ、精霊の国で夢のような時間を過ごしたと語るファンターヌ。

 

奇跡の謎を追い調査を進める平賀とロベルトは思いがけず、ベートの正体と三年前の事件の真相を知ることになるのだった。

 

ファンターヌが再開を待ち望む精霊ベート。

その願いがかなうことはもうないのだと思うと、なんとも切ない気持ちになりますね。

ファンターヌが自分の身の上に起きた事が現実であったと気づく日が来ないよう祈るばかりです。

 

 

 


 

 

アニメ同梱版

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 アニメDVD同梱版 [ 藤木 稟 ]
価格:3064円(税込、送料無料) (2020/3/16時点)

楽天で購入

 

 


電子書籍版:

 


 

 

 関連記事: 

 

 

     

   

 

 


 

 

 

 
   

 

 

 

  

 

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 

バチカン奇跡調査官 人物ファイル(第16巻登場人物)

 バチカン奇跡調査官シリーズの登場人物についてまとめてみようと思います。少しずつ書き足しながら更新していく予定です。(ネタバレ要素がありますので、未読了の方はご注意ください)

今回は第16巻:「二十七頭の象」の登場人物

午前2時にある絵画の前に出現し、予言を行う聖母の謎に平賀とロベルトが挑みます。

また、独房の探偵シリーズでおなじみのアマデオとフィオナが追う連続不審死事件も発生し、二つの事件について交互にストーリーが展開されていきます。

本当に恐ろしいのは人間の本性。インターネットやSNSは人類には過ぎた『おもちゃ』なのかもしれません。

それにしても、すべてを見通すローレンはさすがです。

 

 

【デーボラ・ブルネッティ】

午前二時の予言する聖母についての手紙をバチカンに送った女性。フーモ在住。

 

【キーン・ベニーニ】

午前二時の聖母に心酔する男。世界を救おうと奔走する。

 

【フェルナンド】

キーンのリーダー。

 

 【ダニエラ・シュミット】

恋人を亡くした少女。ある夜、路面に描かれた不思議な絵の上で死んだはずの恋人と再会する。父は昆虫の蒐集家。

 

【ライモンド・アンジェロ】

フーモ出身の歌手、俳優。二十七歳で死亡する。

 

【ジャコモ・ボスキ】

フェルナンドとキーンの仲間。

『十字路殺人事件』の最初の被害者と目されるカメーリアの恋人。エンジニア。

 

【カーラ・ボルゲーゼ】

フェルナンドとキーンの仲間。

 

【オメロ】

フェルナンドとキーンの仲間。

 

【ジューヒー・バッタナヤック】

フェルナンドとキーンの仲間。

  

【エンマ・ドナート】

『バー・ソレイユ』のメイド。ライモンドの後追い自殺をしたものと考えられている。

 

【ルカ・コンテ】

 エンマを崇拝していた少年。悪魔に追われて逃げるうち、エンマと同じ場所で転落死する。

 

【マッテオ・ブルーニ】

ピコナテカ(絵画館)の警備主任。

 

 【ムーロ刑事】

ローマ警察の刑事。フィオナが遭遇した転落し事件を担当する。

 

【カメーリア・バッジョ

レストラン店員。フィオナが描いた悪魔の紋章の絵の上に転落死する。『十字路殺人事件』の最初の被害者と目される。

 

 【ゾーエ・ゴッティ】

タトゥーショップのアルバイト。『十字路殺人事件』の被害者。

 

フランチェスカ・ブーマ】

『十字路殺人事件』の被害者。遺体は悪魔の紋章の上で発見され、その近くに『像が一頭・・・』の経文が描かれていた。

 

【マンフレード】

フランチェスカの父。ワインレストランを経営。

 

【エリージョ・アゲロ】

フランチェスカのストーカー。

 

クレオ

ゾーエの同僚で親友。全身に蛇のタトゥーを入れた赤髪の女。

 

 【コンラード/エリク】

ゾーエの飲み友達。

 

 【ヴェロニカ・ブーマ】

フランチェスカの姉。

 

【アガタ】

フランチェスカの友人。

 

【クラーラ・コンテ】

ルカ・コンテの母。

 

【ジャン・ドナート/アニタ・ドナート】

エンマの両親。

 

【マリオ・ローレ】

 

『十字路殺人事件』の被害者。青酸カリで毒殺される。

 

【ブラスコ・ボナッチェッリ教授】

 ファティマの予言の研究者。

 

【イザイア・カルリーニ】

 フィオナのことをサモナーと呼ぶ青年。フィオナは『門番さん』と呼んでいる。フィオナが襲われたとき助けてくれた。実はカルリーニ電子工業社長の次男。自閉症スペクトラムを患っている。

 

ジーナ・ハドアン】

 十字路にやってきた少女。青酸カリ入りの飲み物を飲んで死亡する。

 

【ビアージョ・マランゴーニ】

 『十字路殺人事件』の被害者と目される少年。絞殺死体で発見される。

 

【ブルーノ・マランゴーニ】

 ピアージョの父。

 

【アルバーノ・マヌリッタ

ピアージョの遺体を発見したトラック運転手。以遠はカラビニエリに勤務していた。

 

【ノーマ】

雑貨店『魔法使いの家』の店主。

 

【フィリポ・ギオーニ】

オカルト研究家。バー・ソレイユの常連。

 

【ロドヴィーコ

見世物屋。バー・ソレイユの常連。フェイクニュースを作り、ネットに流している。

 

【ベッピーノ・カムッシュ

悪魔に体を乗っ取られ、交通事故を起こしたという税理士。

 

【ロン・ジャガー

ライモンド・アンジェロのマネージャー。

 

【ルキーノ・ジャコメッリ】

インターネット・ウォッチャー。

 

【イラーリオ・ペドリーニ】

愉快犯。

 

【オーランド・カルリーニ/マリア・カルリーニ】

イザイアの両親。

 

【アントニオ・ベッリ】

キーン・ベニーニに脚を撃たれた男性。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 二十七頭の象 (角川ホラー文庫) [ 藤木 稟 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/3/15時点)

楽天で購入

 

 

 

電子書籍版: 

 

 


 

 

 

 過去記事:  

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 

バチカン奇跡調査官16 二十七頭の象

バチカン内の『聖徒の座』に所属する神父、平賀・ヨゼフ・庚とロベルト・ニコラスは奇跡調査官として世界中の奇跡の真偽を調査判別するために日夜取り組んでいる。

天才科学者の平賀は研究調査に没頭すると寝食を忘れて熱中してしまう上にかなりの天然であり、暗号や古文書解読のエキスパートであるロベルトは平賀のよき相棒として、時に平賀をやさしく見守る保護者的存在として、数々の怪現象に取り組み、鮮やかに解きほぐしていく。

バチカン奇跡調査官シリーズの第16作は『二十七頭の象』。

 

午前2時にある絵画の前に出現し、予言をするというマリア像の謎に、平賀とロベルトが挑みます。一方、独房の探偵シリーズでおなじみのアマデオとフィオナは、ローマ郊外の町で発生する連続不審死事件の捜査を行うことに。

交わらそうで交わらない二つの事件が錯綜して読み手を混乱させていく、一種の叙述ミステリ的な展開のストーリーとなっています。(以下、若干のネタバレがありますので、未読了の方はご注意ください。)

 

 

 バチカンの絵画間に予言をする聖母が現れるという手紙の真相を探るため、フーモという近郊の街を訪れる平賀とロベルト。

一方で、アマデオとフィオナが捜査する、『十字路殺人事件』が展開していきます。

今回は場面の転換が早く、時間軸の違う事件が平衡して描かれ、しかも事件が多いため登場人物も多岐にわたり、それぞれがどう繋がっているのか分かりにくく、私的には読んでいてかなり混乱しました。

正直、読み直してやっと、おぼろげに全貌が見えた感じです。

 

以下、完全にネタバレですが、自分なりに理解したところを書いてみようと思います。

 

 1.7年前の出来事

 ① ライモンド・アンジェロがオーバードースで27歳で死亡。

 ② ライモンドのマネージャー、ロイがライモンドの偽者と強姦ビデオを撮影する。

 ③ ダニエラ・シュミットがだまされ、死んだライモンドと再会できたと思い込む。

 ④ エンマ・ドナートもだまされるが、ライモンドが偽者だと見破り、ロンに殺害され、墜落しに偽装される。

 ⑤ ロンと偽ライモンドは失踪。ライモンドに会えなくなったダニエラはネットを使ってライモンドの手がかりを探す。

 ⑦ カメリアは寝ぼけ状態の恋人ジャコモに悪魔と間違われて殺害されてしまう。

 ⑧ ゾーエが愉快犯イラーリオ・ペドリーニに撲殺される。傍に象の数え歌の怪文が書かれていた。

 ⑨ フィオナが事件に興味を持ち独自に行動を開始。謎の女に襲われたところを、『門番』のような風体のイザイアに助けられ、交流を持つようになる。

また、アメデオ大尉が捜査に乗り出す。

 ⑩ フランチェスカは姉ヴェロニカに突き飛ばされ死亡。友人アガタと遺体を地下に隠し、遺体を発見した父が一連の殺人事件と同一犯に見せかけるため工作。

 ⑪ 青酸カリによる少年少女の死亡事件はダニエラ・シュミットによるもの。少女たちはライモンドの殉教者でみずから毒を飲んだ。青酸カリは昆虫蒐集家の父親が標本作りのために所持していたもの。

 ⑫ ビアージュ事件の犯人は発見者のトラック運転手、アルバータ

 ⑬ 心臓を抉られた嬰児事件はサタニストの両親の犯行。

 ⑭ ペッピーノ・カムッシェの交通事故は路面の落書きの悪魔の紋章を見てパニックになり、ハンドル操作を誤ったもの。

 ⑮ キーン・ベニーニはゲームの世界と現実を混同し、世界を救うためと信じ、トレヴィ広場で『二十七頭の象』と名乗る芸術家集団を襲撃するという事件を起こす。

 

 

※象の数え歌は見世物屋ロドヴィーゴが魔術師に扮し、悪魔召還の呪文としてテレビ番組で紹介したもの。

※ ローレンは青酸カリのルートを追っていて事件に気づいた。

※この7年前が「独房の探偵」の2年後くらいと思われる。

 

 

2.現在の出来事

 ① フーモ市在住のデーボラからの手紙で、平賀とロベルトが午前二時の予言の聖母の調査を始める。

 ② 予言の聖母のニュースがテレビで放映される。

 ③ 第三の予言をバチカンが隠しているというニュースに怒った民衆がサンピエトロ広場に押しかける。

 ④ 平賀とロベルトの前にフィオナが現れ、ローレンの命令で会いに来たことを伝える。

 ⑤ キーンが体に爆弾を巻いてピナコテカに進入しようとして取り押さえられる。

 

※ キーンは二十七頭の象事件の後療養所に入れられていて、フィオナの患者となっている。

 

デマや流言、フェイクニュースが瞬く間に拡散し、それを真実と思い込んだ人々がパニック状態になり、連鎖的に犯罪が起こっていくという、現代社会の怖さをあぶりだした作品です。

 

はじめ二つの時系列が同時に起こっているものと思って読んでいて、今回は平賀とロベルトの登場が少ないなぁ、と思っていました。

最後まで、二十七頭の事件が7年前のことだとは気づかずじまいでした。

また、キーンの心理描写が、どう考えても正常な思考ではないと思われるが、どこまでが彼の妄想でどこまでが現実か判別しづらかったこともあると思います。

 

読み返すと、途中でフィオナとアメデオの会話から、ローレンとであって2年後くらいということが分かるようになっているのですが、読み飛ばしてしまっていました。

あまり悲惨な事件が多くて、自分も麻痺してしまっていたのかもしれません。

叙述ミステリだったのだということが最後のほうになって理解できました。

 

それにしても本当に恐ろしいのは人間の心理。

宇宙戦争』ってそういうことだったのか、とうならされました。

すべてを見通していたローレンガ平賀とロベルトを助けるべくフィオナを動かすーーー

ローレン失踪の理由もほぼ明かされてきました。

次巻、ローレンから何らかの働きかけがあるのか、楽しみなところです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 二十七頭の象 (角川ホラー文庫) [ 藤木 稟 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/3/14時点)

楽天で購入

 

 


電子書籍版:

 


 

 

 

 関連記事: 

 

 

     

   

 

 


 

 

 

 
   

 

 

 

  

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 

黒ウィズ サタ女ガチャ

今回パスしようと思っていたサタ女ガチャですが、新エリア『ウルドラ』ステージ4で反転するとのろいの影響をほとんど受けない、と聞いたので、ウリシラねらいで10連したところ・・・

 

f:id:alexandlite60:20200313195759j:plain

 

 

なんか、こんなに大当たりしていいのでしょうか。

はじめは虹版なしで、師匠カットインが入りました。

 

無料の最大777連は正直あまりぱっとしないので

その反動ですかね。

なかなかチャレンジが成功しなくて

200連くらいしかできなそうな感じなうえ、

被りと型落ちしか出ないというーーー 

 

 このガチャはつきすぎて怖いので撤退です。

 

 

 



 

 

 


魔法使いと黒猫のウィズランキング

バチカン奇跡調査官 人物ファイル(第15巻登場人物)

 バチカン奇跡調査官シリーズの登場人物についてまとめてみようと思います。少しずつ書き足しながら更新していく予定です。(ネタバレ要素がありますので、未読了の方はご注意ください)

今回は第15巻:「ゾンビ殺人事件」の登場人物

4つの小話からなる短編集の第3弾。

本編では語られないサブキャラクターたちの日常が伺え、楽しいスピンオフになっています。

 

 

【桃鈴玉】

ミシェルの婚約者。天女の末裔といわれる一族の出身で、一房色違いの髪の毛を持つ、天の加護と地上の富を約束された存在とされる。

チャイナタウンで行方不明になる。

 

【桃超/桂英】

鈴玉の両親。

 

【王】

自称チャイナタウンの世話焼き婆。妙な噂の真偽を確かめようとしている。

 

 【アンガス・ブラッグ】

ビルの知人。中国文化展示会の出展物である兵馬俑の盗難事件の担当者。

 

【ダニエル】

自閉症スペクトラムの少年。母を殺害され、偶然居合わせたマギー・ウォーカー博士に保護され、数日間行動をともにする。

 

【エリス・クラミュー】

ダニエルの母。ハイスクール科学教員。恋人アランの借金問題のため、違法ドラッグの精製に手を染める。

  

【カレン・クラミュー】

エリスの母、ダニエルの祖母。

 

【ダレダーノ・アバーテ

シチリア系マフィア『金のコヨーテ』のボス。

 

【ジジ・モンタニャーニ】

 バチカン美術館の修復士見習い。

 

【コンティー大司教

ジジに助言を与えてくれた大司教

 

 【イゾッタ・ナゾリーニ】

リューベン・テスティの描いた絵を所持している女性。フィレンツェ郊外のコンピオッビ在住。実はテスティの子孫。

 

ジョアンナ/ダリオ】

森のキャンプ場で地面から這い出してきたゾンビに襲われたカップル。

 

 【ミルコ・バルディ】

キャンプ場の地面の下から現れたゾンビ。6年前に心臓発作で亡くなった事になっている。

  

ジーノ・バルディ/ソニア・バルディ】

ミルコの両親。

 

【アマンダ】

ミルコの妻。ミルコの死亡時、妊娠中だった。

 

【アレックス・ボンガスト】

ミルコの元上司。

 

【エットレ・バロ-ネ医師】

ペレグリーニ病院の医師。ミルコの死亡証明書を書いた。

 

【ドン・ドメニコ・バセッジョ】

大物マフィア。闇の格闘技場を開催している。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 ゾンビ殺人事件 (角川ホラー文庫) [ 藤木 稟 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2020/3/13時点)

楽天で購入

 

 


 

電子書籍版: 

 

 


 

 

 過去記事:  

   

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

 

alexandlite60.hatenablog.com

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 

バチカン奇跡調査官15 ゾンビ殺人事件

バチカン内の『聖徒の座』に所属する神父、平賀・ヨゼフ・庚とロベルト・ニコラスは奇跡調査官として世界中の奇跡の真偽を調査判別するために日夜取り組んでいる。

天才科学者の平賀は研究調査に没頭すると寝食を忘れて熱中してしまう上にかなりの天然であり、暗号や古文書解読のエキスパートであるロベルトは平賀のよき相棒として、時に平賀をやさしく見守る保護者的存在として、数々の怪現象に取り組み、鮮やかに解きほぐしていく。

バチカン奇跡調査官シリーズの第15作は『ゾンビ殺人事件』。

『天使と悪魔のゲーム』、『独房の探偵』に続く短編集の第三弾です。

サスキンス捜査官と部下のミシェルが活躍する『チャイナタウン・ラプソディ』、

マギー博士が母を殺された自閉症の少年のために奔走『マギー・ウォーカーは眠らない』、

無名の画家に心酔する絵画修復士見習の青年に平賀とロベルトが力を貸す『絵画の描き方』、

独房の虜囚ローレン再登場の『ゾンビ殺人事件』

の4話が収録されています。

(以下、若干のネタバレがありますので、未読了の方はご注意ください。)

 

 

 

 

【チャイナタウン・ラプソディ】  

 

ビル・サスキンス捜査官の部下、ミシェルの婚約者が行方不明に。どうやらマフィアの抗争に巻き込まれ、拉致されたらしい。

ビルとミシェルは振興マフィアの牙城・満漢楼を探ろうとするが、なぜか近づくことができない。

そんな彼らに声をかけてきたのは王という老婆だった。

時期を同じくして、文化展開催のため中国から運ばれた兵馬俑が盗難にあうという事件が発生していた。

この二つの事件には驚くべき関連があって・・・

いつも怪現象が科学的に解明されていくので、今回はどんなふうに落ちがつくのかと思って読んでいましたが、最後までファンタジーでした。

平賀もロベルトも登場しませんものね。

個人的にはこういう怪奇譚は大好きなので、結構楽しめた作品です。

 

 

 

【マギー・ウォーカーは眠らない】  

 

 

学会に出席したマギー・ウォーカー博士がドライブ中に遭遇した殺人事件。母を殺害された自閉症の少年・ダニエルを保護することになった 博士の奮闘が描かれます。

普段、感情を表に出さない博士の思いがけない一面に触れることができる小品です。

マフィアのボスを狙撃する博士は身震いが出るほどかっこいい!

これからの博士の活躍が楽しみになりました。

 

 

 【絵画の描き方】

 

 

平賀に助けを求めてきたのは絵画修復士見習いの青年。

彼に協力して、無名の画家の絵の具の材料の分析に乗り出す平賀とロベルト。

作者の博識振りが存分に発揮され、昔の画家の絵の具作りの 苦労がよくわかりました。

最後、画家の末裔の女性と修復士見習いの青年の意外なつながりが判明しハッピーエンドを思わせる大団円。

平賀の朴念仁ぶりも遺憾なく発揮されています。

 

 

【ゾンビ殺人事件(独房の探偵2)】

 

 独房の探偵再び。

カラビニエリのアメデオ大尉と心理分析官フィオナも再登場します。

6年前に死んだはずの人間がゾンビとなって地中から現れ殺される。

しかも同じようなゾンビ死体が31体も発見されるという、あまりにもセンセーショナルな事件ですが、ローレンはエドアルドの協力を受けあっさり解決してしまいます。

それにしても、保険金詐欺システムが六十年も続いていることにも驚きです。役割を演じる人間が入れ替わりながらシステムは回り続けるーーーなんとも空恐ろしい事件でした。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官 ゾンビ殺人事件 (角川ホラー文庫) [ 藤木 稟 ]
価格:660円(税込、送料無料) (2020/3/13時点)

楽天で購入

 

 

 


電子書籍版:

 


 

 

 

 

 関連記事: 

 

 

     

   

 

 


 

 

 

 
   

 

 

 

 

 

 


小説(読書感想) ブログランキングへ

 

 




人気ブログランキング